GREZZO

採用情報

私達グレッゾは「心の交流場」となれるゲーム作りを目標にしています

ゲーム作りで大切なのは感覚だけではなく しっかり「考えて」表現する事 また、一つ一つに”こだわり”を持ち 貪欲に学ぶ向上心を持つ事と考えます

これらを踏まえた上でお互いを磨き上げていく そんな仲間を求めています

職種紹介

プログラマー

プログラマーは、他セクションが作成したアイデアやグラフィック、サウンド等を、コンピュータで処理し、ゲーム機で動く形にする仕事です。
また、チームメンバーがより効率良く作業を進められるよう、ゲームエンジン・ツール・プラグインといった開発環境も整備します。

ゲーム開発では、設計、ゲームシステム、キャラクター・オブジェクト制御、メニュー・UI、イベント・デモ、パラメータ制御、ローカライズ支援、デバッグ支援などを行います。
ゲームエンジン開発では、3D・2Dのグラフィック描画、モーション・アニメーション処理、エフェクト制御、サウンド、当たり判定・物理演算、カメラ制御・カットシーン制御、通信・ネットワーク、スクリプト制御、リソース管理、デバッグ支援などを行います。

他にも、より高品質なグラフィック、サウンド、物理挙動を実現するための研究や、アイデアに対する実現性の検証なども行います。この時、アイデアが実現困難なものであれば、代替案を提示することもあります。また、新たなアイデアに繋がるような技術の蓄積も行っています。
このように、多方面にわたってゲームを動かしていくのが、プログラマーの役割となります。

プランナー

プランナーの仕事というと、ゲームコンセプトの立案やシナリオの執筆など、いわゆるゲームクリエイター的なものを思い浮かべる方も多いかと思います。 ですが、それ以外のことも多くあります。

おおまかに言うと
「プログラマーが担うプログラム的な設計と実装」
「CGデザイナーやサウンドデザイナーが担うデータの設計と作成」
これら以外はプランナーが担うものとなります。

例えば、リードプランナーは企画書を作成し、ゲームの基幹部分の仕様を設計し、それに関わるデータを作成します。
アクションプランナーはアクションの仕様を設計し、データを作成します。

同じように、UIプランナーは操作やメニューについて、BGプランナーは地形やギミック要素について、AIプランナーはAI挙動について、シナリオプランナーはイベントやメッセージ関連について、それぞれ仕様の設計を行い、データを作成します。 先に挙げたゲームクリエイター的なものと重なる部分もありますが、多くは地味で地道な作業の積み重ねとなります。

その中でプログラマーやデザイナーと協力、連携し、目指す面白さを実現する。 それがプランナーの仕事です。

キャラデザイナー

一言で言えば「キャラクターのデザイン画を3Dモデルにする」仕事です。
おおまかな工程としては、デザイン画をモデリングする→骨を仕込み、ウェイト設定をする→テクスチャを貼り、描画する→マテリアル設定をし、質感をアップさせる、といった流れになります。
会社によっては骨入れはモーションデザイナー、テクスチャはテクスチャデザイナーと分かれているところもありますが、弊社では一通りの工程をキャラデザイナーが行います。

実際のゲーム開発ではアートデザイナーの次にスタートダッシュをかけて、順次モーションデザイナーにデータを渡す事になるので、初めから忙しく、また、キャラの仕事が終わったら他のセクションのヘルプに回ることもあります。

モーションデザイナー

モーションデザイナーとは、3Dモデルに、「走る」「斬る」などの動きをつける仕事のことです。
キャラクター設定にあわせた様々なモーションを作ることで、3Dモデルから、”動くキャラクター”ができていきます。
また、ゲーム性に大きく関わる攻撃モーションなどは、プランナーやプログラマーと話し合い、検証、制作していきます。ゲームの操作性を左右する、とても重要な仕事です。

ゲームに使われるキャラクターモーションは様々ですが、弊社ではRig、イベント、ゲーム、フェイシャルなどで担当を分けておらず、ひとりひとりが、ゲーム内のすべての種類のキャラクターモーションを制作し、ゲーム制作に深く関わる仕事をしています。

BGデザイナー

BGデザイナーの仕事は、その名の通り背景を作ることですが、基本的にキャラクター以外の3Dの要素は何でも作ります。
様々なものを作る中には、アートでの指定がないものもあるため、幅広いデザイン力や製作スキルが求められます。
また、背景は地形による遊びや、世界観を担う面もあり、ゲームの印象や遊びの面白さに直結する大事な要素です。
そのため、アートデザイナーやプランナー、プログラマーと連携を取りつつ作り上げていくことになります。この点でも、ゲームを作っている実感が味わえるセクションだと思います。

UIデザイナー

「UI」とは「ユーザーインターフェース」の略です。
UIのデザインとは、プランナーが機能や内容を設計し、UIデザイナーが表現を設計することで成立します。
UIデザイナーの具体的な仕事としては、プレイヤーが操作するボタンを画面のどこに配置するかといったレイアウトの作成や、どんなアニメーションで表現するかも含めた画像データの作成などを行います。
また、世界中の人が快適に遊べるように、それぞれの地域の言語や文化に合わせてデータや表現を差し替える仕事などもあります。

UIデザイナーの仕事とは、ゲームと人とをつなぐ架け橋のような役割だと感じています。

アートデザイナー

弊社のアートデザイナーは、2Dでのイラスト全般を業務としています。
開発の初期段階では、ゲームの世界観を決定するためのコンセプトアートを提案します。これはチーム全体がイメージを共有するための大切な仕事です。
開発が本製作に入ると、仕様や設定に合わせて、キャラクターや背景、小物などのデザインを起こしていきます。仕様や設定を作るプランナーだけではなく、プログラマーやモデリング担当のデザイナーとも相談しながら、ゲームの方針や実装上の表現等を踏まえてデザインを考えることになります。
ゼロから考えたデザインを各担当に委ね、それがゲームとして動いた時の感動は大きなものがあります。その点で、コンテンツを生み出すことの責任感とやりがいを感じることができる仕事だと思います。

エフェクトデザイナー

エフェクトデザイナーの仕事は、炎や煙、爆発、光、魔法、雨、雷などの「自然現象」や「空想的なイメージ」を、視覚的演出としてゲームに追加することです。
ゲームでは、これらの視覚的演出は多くの要素で使われるため、キャラクターモデルやモーション、背景、イベントシーンなど、様々な分野に関わって映像を仕上げていくことが主な役割になります。 また、エフェクトは「画面を賑やかに飾る」、「華やかにする」ものというイメージが強いですが、ゲームのルールや状況を分かりやすくしたり、手応えを良くするといった面でも重要な機能を果たします。 それらを実現するには、プランナーやモーションデザイナー、サウンドなど、他セクションのスタッフと連携して、分かりやすさや気持ち良さを追求していくことが大切になってきます。 多くの分野に関わるので学ぶことは非常に多いですが、幅広く、深くゲームに関わることが出来る、やりがいのある仕事だと思います。

テクニカルアーティスト

テクニカルアーティストとは、プログラマーとデザイナーの中間的な位置づけで、それぞれの立場からの意見や要望をとりまとめ、橋渡しをする役割を持つ仕事です。
ツール作成などの技術的な面からデザイナーをサポートし、新しいグラフィック表現の研究なども行います。
具体的には、現行機の基礎研究・各種検証、新しい表現手法の開発、次世代グラフィックの基礎研究・表現検証などを行います。
また、業務の一環として、次世代グラフィックの最新技術情報を収集し、その内容をデザイナーにフィードバックしています。

その他、開発環境についても、開発用ツールの設計・管理や、開発に用いるツールや機材の事前検証から導入提案、選定などを行っています。

サウンド

ゲームで必要なサウンドのデザインをする仕事です。

サウンドのデザインとしては、まずはじめに、ゲームのコンセプトにあわせて、どういったサウンドの方向性にするか決めていきます。ディレクターやプログラマーやデザイナーと、細かい部分を相談しながら詰めていきます。
その後、ゲームの映像に合わせて、音楽、効果音、台詞などのサウンドのデータを制作していきます。
シンセサイザーや波形編集ソフトで音を作る他にも、専用のスタジオで身の回りにある物を使って効果音を録音したり、時には実際に自然の中に立ち入っての録音したりと、ありとあらゆる方法で音を作っていきます。
そうして用意したたくさんのサウンドのデータをゲームに実装して、実際にプレイしながら調整を行います。

他にも、ツール作成やサウンドに関するスケジュール管理、関係各所との調整等、業務は多岐にわたります。

開発推進

どの業種も同じかと思いますが、制作には納期(締め切り)というものが存在します。
この納期に間に合わせるために、プログラマー、プランナー、デザイナーといった各セクションの作業が予定通り進んでいるか、また、スケジュールの遅れなどの懸案事項がないかを確認するのが開発推進の仕事となります。
作業が予定通りに進めば問題ないのですが、遅れが生じた場合は何が原因なのか、どうすれば解決出来るのかについて問題提起し、開発メンバーと一緒に考えていきます。

取引先様と一緒に業務を行う場合は、スケジュールや日々の進捗確認、開発における相談など、諸々の窓口となり、その上で各情報を整理、解決した内容を開発メンバーへ伝える、交通整理のような業務を行います。

制作の合間には、プレイした感想を意見として伝えたり、バグの報告を行ったりします。
また、制作終盤では社内デバッグの指揮を取ります。

インフラエンジニア

主な仕事は社内で使うPCの管理と、サーバー等の運用・管理となります。
具体的には、社員が使用するPCにトラブルが発生した場合の対応、社内ネットワークのインフラの構築やサーバーの構築・保守・管理、またサーバーの増強やデータのバックアップ等となります。

また、セキュリティ対策も重要な業務となります。
社内のスタッフが使用するユーザーアカウントの作成と管理や、ウイルス等の監視やセキュリティアップデートなどを行い、セキュリティの保全に務めるほか、情報管理やセキュリティなどについてスタッフの教育を行います。

他には、PCやサーバー、ソフトウェアといった機材や社内の什器の選定、購入、セットアップなども行い、幅広く社内環境の管理を行っています。

業務

業務部ではバックオフィス全般を担っています。
資金繰り、固定資産管理、決算業務、税務申告、預貯金の管理、帳簿記録等(財務・経理)、契約業務、役会・株主総会対応(法務)、勤怠管理や給与計算、採用関係、入退社手続き、社会保険手続き(人事・労務)など、業務内容は多岐に渡ります。
法律に従って、会社の運営に必要な各種手続きや、税務の申告を行ったりします。
また、会社に関するデータをまとめて書類を作ることもあれば、電話や来客対応など、社外のお客様への窓口となることもあります。
時には、慶弔手続きや社会保険などの業務を通じてスタッフの人生相談を受けることも。
会社の縁の下の力持ち、といったところです。

社員の声

Q&A

会社見学をしていますか?

弊社では社内を一般の方に開放する見学行事を行っておりません。 ゲーム会社は一般的に、機密情報が多く、関係者以外立ち入り禁止の会社も多いかと思います。 ご質問がございましたら、リクルートあてに質問内容を送っていただければ、お答えできる範囲でお答えいたします。

応募の際、提出作品の規定はありますか?

提出作品につきましては、選考方法のページをご参考下さい。 Webへのアクセスではなく、ポートフォリオや企画書を送付して下さい。CDやDVDなどのデータでも構いません。

未経験者でも応募できますか?

弊社での中途採用に関しましては、経験者でないと難しい状況です。 ですが、専門学校などでの就学経験や、独学で作った作品がある場合、プランナーの職種ご希望で発想力や理解力に優れている場合など、未経験であっても採用に至るケースは有りますのでご応募いただければ、書類選考をさせていただきます。 履歴書、職務経歴書に、作品を添えて弊社までご送付ください。