GREZZO

「ゼルダの伝説 トライフォース3銃士」が発売されました!
グレッゾではコース等の企画設計及び開発に携わらせていただきました。
関係者の皆様、発売おめでとうございます!そしてお疲れ様でした!

今回の開発エリアは…

今回の開発エリアはかなり特徴的な雰囲気でした。

毎度毎度、作る方は生みの苦しみや、締切との戦いでゼーゼーピリピリしているのですが、
今回ばかりは制作期間中、とにかくにぎやかな雰囲気でした。
いや、事務職の私が気付かなかっただけで、ゼーゼーしていたのかもしれませんが(笑)。

ゲーム制作は常にトライアンドエラー。
作っては試しにやってみる、うまくいかない所を直す、またやってみる。
それを繰り返して作られていきます。
今回は3人で協力して進めていくため、このトライ中に、あー、ごめん!とか、ちょっと待って!
とかの叫び声が多く、傍から聞いていると、とにかくなんだか楽しそう。
話が盛り上がっていることはあっても、叫び声が聞こえるのは今回が初めて。
何が彼らをそんなに叫ばせているのか…。
完成を心待ちにしていました。

挑戦!!

ところが。
事務職のわたくしはアクションゲームがちょう苦手。
「折角だからやってみたら?」と言われたものの、いや、全くできる気がしません。
「大丈夫。周りがフォローしてくれるから」
ということで一番最初のコースをやらせていただきました。
周りというのは運悪く近くにいた20代の男の子達。お世話になりまーす。

とりあえず十字キーをくるくる動かしながらABXYボタンをぽちぽちやってみる。
何をしたらよいか分からずうろうろしていると、後ろからひょいっと持ち上げられ、
スタート地点へ誘導。
次のコースでは宝箱を見つけたものの、段差があって取りに行けず、またもやうろうろしていると、
後ろからひょいっと持ち上げられ、段差の上へと誘導。
なるほど、これがトーテムってやつ。そうやって段差のある場所に移動したり、敵をやっつけたり、
しかけのスイッチを起動させたり。
あれもこれもきっちりとエスコートしてもらって、なんとかこなしていけました。

アイコンを使ってコミュニケーションがとれるので、何かと「がんばれ!」と応援してもらい、
うまくいくと「ナイス!」とほめてもらえて、ちょっと嬉しい。よおし、がんばるぞー。

そんなこんなで、アラフォーのおばちゃんが、20代の若い男の子にがっつりとおもてなしされ、
宝箱やルピーをひとりで根こそぎ取って回り、敵をガスガスやっつけて、
ここぞとばかりにオイシイところをやらせてもらい、ウハウハな感じで1コースを終了したのでした。
お付き合いいただいたおふたり、ありがとう。
やー、面白かったです。
ここまで手厚くおもてなしされれば当然ですが(笑)。

triforce3
その後も、引き続きおもてなし中…。

いろいろなメンバーでやってみて下さい!

これなら、人数たりないからお母さんもやろうよーと家族で楽しむのもアリですし、
気になる女の子をきっちりフォローしていいとこ見せるのもアリですし、
いやいや、もちろん、ゼルダの工夫してクリアしていく難しさも楽しさも健在ですし、
一人ででも挑戦できる作りになっているそうで、
いろんな人がいろんなバリエーションで楽しむことができるゲームだなあとしみじみ思ったのでした。

今回もたくさんの方の力が集結して、完成にいたりました。

その一端をグレッゾが担うことができたことを、誇りに思います。
関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

そして、このゲームもまた、たくさんの方々に楽しんでいただけることを心から願います!

自己啓発のために使えるグレッゾトリガーという制度がある事を以前紹介しましたが(紹介記事はこちら)、
グレッゾトリガーは、PCの購入に留まらずゲームソフトや書籍購入にも利用できます。

「ゲーム機を買いたいんだけど…」
後ろめたさを感じながら妻に相談する事もありません。
家族に気兼ねする事もなく自分をパワーアップできる大変ありがたい制度です。

今年は何を買おうかな

今年は自宅PCのパーツと勉強用のソフトウェア、お絵描きの本を購入しました。
やはり勉強してみるものですね。
最初はグニャグニャだった私の絵が、少しだけ見れるようになってきました。

お絵描き
落書きの品質向上したかな?

プログラム設計中に落書きへ逸れる頻度が上がった気がしますが、
来年は何を勉強しようか今から楽しみです。

恒例のゲームショーへ

デザイナーの安田です。今年もゲームショーに行ってまいりました。
毎年のことだけど、駅から会場までそれなりに歩くのが結構しんどい;

ビジネスデーにお邪魔したので会場ではゆとりを持って見学することができます。
これに関しては本当にこの業界の人間でよかったなと。
チケットを回してくださる方、本当に感謝です。

スマホゲームのパワーが…

会場に入って早々、スマホゲームのブースが会場の真ん中大部分を占めているのにビックリ。
これには本当に時代を感じます…
特にCygamesさんのブースのド迫力さには訪れた人みなビックリしたんじゃないですかね。
原寸大の飛空挺が飾ってある… ここはディズニーランドか、という感じで、
力入れてるなぁと感じました。
コンパニオンのお姉さんがお風呂に入ってたりもしましたねw
gameshow2015_01

専門学校の皆様との交流

自分は毎年デザイナーの新卒担当をしているので、
学生さんの作品を見たり、学校様に挨拶に伺ったりがゲームショーでの主な仕事です。
ということで学校ブースを目指します。

今回もたくさんの学校様が出展してくれていて、なかなか見ごたえがある感じでした。
初参加の学校様も多く、いろいろな先生方とご挨拶できたのは行った甲斐がありました。
今回は自分は2Dデザイナ中心に作品を見て回って、何人かに声をかけさせてもらいましたが、
ちょっと気になったのは、デザイナー個人の作品の展示をしている学校様が以前より
少なくなった気がしてるんですよね… 展示してても数人分とか。
その点がちょっとさびしかったです。

うちの会社はゲームショーで声をかけてそこから内定、というパターンも結構あるので、
今後もバンバン作品を持ってきていただけたらありがたいですね。

スターウォーズすごい…;

学校様めぐりが一通り終わって、遅めの昼食のあと、いくつかのゲームブースを回りました。
オーディンスフィアのPS4版を試遊してみました。HD化されて、さらに綺麗になってました。
ゲームも初めてだったけど思い通り操作できて、よくできてるなーと思いました。

最後に運よくスターウォーズの40人対戦を試遊することができました。
(エレクトロニックアーツのスタッフさん、その節はありがとうございました…!)
プレイ前に小部屋に通され、みなでレクチャーを受けるんですが、そこから
もう演出が始まってます。スタッフのお兄さんが司令官になって、テンション高めで
皆を盛り上げます。すると急に通信が入って、映像に宇宙人の司令官が出てきて
レクチャー開始。何かもうやってることはディズニーやUSJと同じです。
いやがおうにもテンションは上がり、スターウォーズの世界にどっぷり。
ゲームも本当にその世界に入ったような錯覚に陥ります。本当に楽しかったな…
gameshow2015_02

ゲームショーはやっぱり楽しい

スマホゲームがブームの昨今ですが、ここまで作りこまれたゲームを体験すると、
コンシューマーゲームのパワーもやっぱりすごい。
ゲームショー、やっぱり楽しいですね。日本製のゲームも、もっと展示してほしいなぁ。

学生の皆さんももっと参加してもらって、この機会に交流を深めていけたらうれしいです。
郵送でも随時受け付けていますので、作品どんどん送ってください!