サウンド

ゲームで必要なサウンドのデザインをしていきます。

例えば…
まず、ゲームのコンセプトにあわせて、どういったサウンドの方向性にするか決めていきます。ディレクターやプログラマーやデザイナーと細かい部分を、相談しながら詰めていきます。
その後、ゲームの映像に合わせて、音楽、効果音、台詞などのサウンドのデータを制作していきます。シンセサイザーや波形編集ソフトを使ったり、専用のスタジオで身の回りにある物を使っての録音、時には実際に自然の中に立ち入っての録音…など、ありとあらゆる方法で音を作っていきます。
そして、たくさんの音のデータをゲームに実装して、実際にプレイしたり聞きながら調整を行います。

他にも、ツールを作ったり、スケジュール管理、関係各所との調整作業等、お仕事は多岐にわたります。