GREZZO

開発部 プログラマーTeppei Fujita藤田哲平

グレッゾはどんな会社ですか

お仕事の面でも、社内での生活面でも社員の自主性を尊重していただける、伸び伸びと働くことができる会社です。 手順をおさえていれば、新人でもある程度の裁量と責任をもってお仕事を任せていただけるため、楽しい緊張を感じながらゲーム開発に携ることができます。 また、社内のイベントが充実しており、私自身も運営メンバーの1人として参加しながら、お仕事や季節の節目を楽しく過ごすことが出来ています。

ゲーム業界に就職した理由を教えて下さい

私がゲームをつくり始めた当初の目的は、「自分が楽しむためのゲーム」をつくることでした。しかし、ゲームの制作について学びながら、私がつくりたいゲームとはどんなゲームかを見つめ直しているうちに、しだいに「たくさんの人に楽しんでもらえるゲーム」をつくりたいという想いを抱くようになりました。 お仕事としてではなく、趣味の範疇でゲームをつくり、公開していくことを考えた時期もありましたが、最終的にはゲームをつくることに対して全力で向かい合い、プロのゲーム開発者になりたいという気持ちが勝りました。 そして、お仕事としてゲームの開発に携わるための道を私なりに模索して、考え、行動を続けた結果、ゲーム業界でグレッゾという会社に就職するに至りました。

主な仕事内容を教えて下さい

今のところ、ゲームプログラム全般でいろいろなことに挑戦させて頂いています。 担当することになったプログラムに関しては、社内の他のプログラマの方や、他の職種の方と実装内容や連携の相談を行います。 また、実装したプログラムがゲームの中で正しく動いているか、テストプレイを通して調査を行ったり、改善点の検討を行います。

今後の目標を教えて下さい

お仕事の中や自主的な学習の中で、私の得意な分野、好きな分野を見極めて、自信を持てる長所を作りながらゲーム開発者として成長していきたいです。

グレッゾに入って驚いたことを教えて下さい

子どもの頃から学生時代に到るまで、好きで遊んでいたゲームの開発に携っていた方々が本当に多くいらっしゃって驚きました。

一言お願いします

ゲームプログラミングは数学や物理学などの一般的知識の応用学習としてとっても有効な教材だと思いますので、教育に用いられていくことを期待しています。

お気に入りの道具

PCチェアに座っている間、腰や背中に当てているクッションです。 適度な反発感で腰を支えてくれて、気持ちが良いです。

社員の声